【トヨタ・C-HR】VS【マツダ・CX-3】はどっちを選ぶ!?

自動車一括査定サイトを使おう

下取りでは必ず
自動車一括査定サイトを
使うようにしてください。

ディーラーでは20万円の下取りが
買取業者では70万円になることも
多くあるのです。

自動車一括査定サイトを使うことで、
大手自動車買取業者の最大10社が、

あなたの車の買取価格を、
競い合って吊り上げてくれます!

結果的に買取価格が
高くなるということですね。

ディーラーだけで下取りに
出してしまうなんて
モッタイナイですよ!

日本のコンパクトSUVには様々な種類が出てきました。

今回取り上げるのはトヨタ・C-HRとマツダ・CX-3です。

どちらの車も街中でよく見かけるようになりました。

この二台は企業のイメージをガラリと変えるほど個性的な車と仕上がっております。

そんなトヨタ・C-HRとマツダ・CX-3を様々な角度から見てみましょう!

スポンサードリンク




【トヨタ・C-HR】VS【マツダ・CX-3】価格はどっち?

 

引用:https://www.youtube.com/

近年SUV全体の市場が活気付き、購入検討者にとっては選択肢が増えたことは嬉しいことですが、目移りしてしまうほど多くなると、どの車種がいいのか、自分の好みは何なのだろうかと迷ってしまいます。

自分の好みや車の特徴を捉えて、自分に合った車の選択をしましょう。

トヨタC-HRとマツダCX-3値段幅は?

引用:https://www.themotorreport.com.au/

では早速、トヨタC-HRとマツダCX-3のスタートの値段と最上グレードとの値段幅を見てみましょう。

トヨタC-HR(ガソリン、ハイブリッド含む)

¥2,290,000〜¥2,929,200

マツダCX-3(ガソリン、ディーゼル含む)

¥2,127,600〜¥3,094,480

と値段のスタートは約17万円差でC-HRの方が高い値段となっております。

また最高グレードではCX-3の方がC-HRより高く、その差は約16万円です。

なので値段の幅はほぼ一緒と考えていいでしょう。

スポンサードリンク




【トヨタ・C-HR】VS【マツダ・CX-3】大きさは?

まずはトヨタC-HRのサイズを見てみましょう。

引用:https://toyota.jp/

コンパクトSUVの中ではそこそこのサイズです。

走りを求めて空気抵抗を考えた結果、クーペタイプのデザインとなり、リアデザインが伸びたようなデザインになったのでしょう。

しかしサイズはしっかりとコンパクトSUVと言えるサイズの中に納めているので、よく考えられたサイズとデザインといます。

では続いてマツダ・CX-3のサイズです。

引用:https://autoprove.net/

CX-3の方が全長は10cmほど短いサイズとなっております。

また高さや幅もC-HRよりも小さいサイズなっておりますので、大きさで言えばC-HRの方が大きいとなります。

しかし大きさだけではまだなんとも言えない状態なので、他のスペックなども見ていき、その判断をいきましょう。

スポンサードリンク




【トヨタ・C-HR】VS【マツダ・CX-3】エンジンはどっち?

引用:https://dearman.co.uk/

トヨタC-HRは「ガソリンターボ」と「ハイブリッド」、マツダCX-3は「ガソリン」「クリーンディーゼル」とラインナップされております。それぞれ売りにしている部分がありますので、それぞれの特徴を見てみましょう。

トヨタC-HRのハイブリッドとは

引用:https://www.autocar.co.uk/

トヨタC-HRのハイブリッドモデルには1.8L+モーターの組み合わせになります。

このエンジンとモーターはプリウスと同じ型のものを積んでおり、燃費の良さを先駆けするSUVでもあります。

またハイブリッドの静粛性として、エアコンの付けている場合はその吹き出しの音だけが聞こえてくるのはエンジン車にはない静かさです。

【エンジン性能】

エンジン:直列4気筒

排気量:1.797cc

馬力:98PS

トルク:14.5kgm

使用燃料:無鉛レギュラーガソリン

【モーター性能】

モーター最高出力:72PS

モーター最高トルク:16.6kgm

トヨタC-HRのガソリンターボとは

引用:https://autoc-one.jp/

C-HRのガソリンターボは1.2L直噴+インタークーラー付きターボになります。

このエンジンはハイブリッドよりも高いトルクを生み出し、同社のダウンサイジングエンジンよりも燃費を向上させたエンジンなので、C-HRの走りの良さと燃費の良さを両立を可能にしたエンジンとなっております。

【エンジン性能】

エンジン:直列4気筒インタークーラー付ターボ

排気量:1.196cc

馬力:116PS

トルク:18.9kgm

使用燃料:無鉛レギュラーガソリン

マツダCX-3のSKYACTIV-Gとは

引用:https://commons.wikimedia.org/

マツダの特筆すべき点であるのはエンジンの性能です。

マツダのエンジンのラインナップには「SKYACTIVE-G」と「SKYACTIVE-D」があります。

引用: http://www.mazda.co.jp/

このSKYACTIVE-GはEPA(経済連携協定)はガソリンエンジンの中で、最も効率の良いエンジンと認定され、同じくEPAで、企業燃費5年連続1位と素晴らしいエンジンを作っている会社なのです。

「世界一のエンジン」と言っても過言ではない性能をであるCX-3のエンジンの性能を見てみましょう。

【エンジン性能】

エンジン:直列4気筒DOCH

排気量:1,997cc

馬力:150PS

トルク:19.9kgm

使用燃料:無鉛レギュラーガソリン

マツダCX-3のSKYACTIV-Dとは

引用: https://www.autoblog.com/

マツダはEVやPHEVなどの研究をしっかりと行いつつも、ディーゼルエンジンに対する熱意も忘れてはいません。

ヨーロッパではディーゼルエンジンは主流で、マツダの車はとても低燃費で良く走ることで人気のある車です。

その仕組みは、

「効率よくエンジンを燃やすため圧縮比を下げる→圧縮比が低いため効率的に燃料を燃やせるためNOxやススの排出を抑えられる→また圧縮比が低いためエンジンに負担がかからないので軽量化できる→燃費良く走り軽油も安いためエコ」という仕組みなのです。

マツダのSKYACTIVE-Dは「徹底的に効率よく燃料を燃焼させる」ことを掲げている会社なので、既存の発想からは違う形でエンジンを生み出しております。

【エンジン性能】

エンジン:直列4気筒DOCH直噴ターボ

排気量:1,756cc

馬力:116PS

トルク:27.5kgm

使用燃料:軽油

【トヨタ・C-HR】VS【マツダ・CX-3】走りはどっち?

車にとって重要なのが走りです。

トヨタC-HRもマツダCX-3もどちらも引けを取らないくらい素晴らしい走りをします。

「我が意の走りのC-HR」と「人馬一体CX-3」のそれぞれの走りを見てみましょう。

トヨタC-HRの走り

トヨタはこのC-HRの開発にあたり、ヨーロッパの道を徹底的に走り込みました。そしてTNGAというトヨタの全く新しい車造りにより、C-HRは走りを極めました。

具体的にTNGAの恩恵としては、まずSUVなのに低重心であり、横揺れが少ないというところです。

またエンジンによる違いもあり、ハイブリッドは近未来を感じる加速であり、エンジンにはない全く新しいどこまでも伸びやかに加速してくれることを演出してくれます。

またガソリンターボでも、一度スポーツモードで車に鞭を入れれば、それに応えてくれるように車がキビキビと走ってくれます。

マツダCX-3の走り

引用: https://www.autoexpress.co.uk/

マツダは全車に「人馬一体」という走りのスピリッツを注ぎ込み、どの車種でも走りが楽しめるように設計されています。

当然CX-3もその一台であり、ガソリン車もディーゼル車も素晴らしい走りを魅せてくれます。

ガソリン車は例えならば繊細ながらも大胆な走りを魅せてくれます。またディーゼルではボディのサイズからは想像できないくらいのトルクを生み出し、坂道や追い越しなどカーブから抜けた後の加速など気持ちよく走り抜けてくれます。

またマツダには「G-ベクタリング コントロール」があり、車の挙動に合わせタイヤに伝えるトルクを変化させ、スムーズな走りを実現しております。

【トヨタ・C-HR】VS【マツダ・CX-3】燃費と実燃費は?

引用:https://autoinfopremium.com/

恐らく、多くの方が気にしているのが「燃費」ではないでしょうか。

コンパクトSUVと名を打っていますから、「コンパクト=燃費が良い」というイメージが自然に付いてしまいますからこのサイズになると燃費の良さが重要なファクトとなります。

それぞれの車種の燃費の見てみましょう。

トヨタC-HRの燃費は?

まずはハイブリッドモデルの燃費を見てみましょう。

引用:https://toyota.jp/

C-HRハイブリッドの燃費は非常に良く、コンパクトSUVの中でトップの燃費の良さで、そのため公表しているJC08モード燃費の良さがあるため、実燃費も非常にいいです。

街乗り;20~23km/L

高速;2427km/L

一般的にJC08モードは日常での使い方とは違う燃費の計測方法なので、実際に路上で走る燃費とは異なることが多いです。その目安は20~30%落ちると言われています。

運転の仕方にも寄りますし、C-HRには走行のモードが三つあり「エコモード」「ノーマルモード」「スポーツモード」と三つありますが、「エコモード」で走れば上記の数値ほどの燃費を出すことができます。

では次にガソリンターボ車の公表の数値を見てみます。

引用:https://toyota.jp/

ガソリン車はハイブリッドと比べると、当然燃費が落ちてしまいますがガソリン車にしては非常に良い燃費です。

また2WD/4WDの燃費の差が1km/Lとほとんど差がないのもC-HRのガソリン車の魅力です。

では実燃費はどれくらいの数値かと言いますと、

街乗り;9~14km/L

高速;1518km/L

とコンパクトSUVという枠組みを外しても素晴らしい燃費ですし、ハイブリッドと同じようにガソリン車も走行モードが三つあり、「エコモード」走れば高い燃費を出すことができます。

マツダCX-3の燃費は?

引用:https://gqjapan.jp/

CX-3にはハイブリッドモデルはなく、その区別はガソリンとディーゼルということになります。

その両方をみてみましょう。

引用:http://www.mazda.co.jp/

実はCX-3は国内初となるWLTCモードという世界基準の燃費表記を採用しています。

これはJC08モードより現実的な車を使われ方がされて出ている燃費値なので、この数値が普段使う燃費に近いものです。

JC08モードでは別の言われ方がカタログ値と言われてしまうように、購入者との間に燃費の乖離が存在してしまうので、このモードが今後主流となります。

しかし、C-HRのJC08モードは実際に出る数値ではあるので、CX-3も運転の仕方によってはここに表記されている数値よりも出ることもあります。

いづれにしても、CX-3の燃費はC-HRのガソリンターボ車に比べ良いと判断できます。

【トヨタ・C-HR】VS【マツダ・CX-3】デザインはどっち?

引用:https://www.caradvice.com.au/

両者共それぞれ個性的なデザインをしています。

先駆けたデザインのC-HRと日本の古き良き伝統を取り入れたマツダのデザインで仕上げられており、どちらも魅力的なデザインとなっております。

その二台がどのようにデザインされていったのかを見ていきましょう。

トヨタC-HRのデザインコンセプト

「キーンルック」ととコンセプトを掲げ、デザインされているのがトヨタの車です。

キーンと鋭い、といった意味でトヨタ車がシュッとした目つきの多い車が多いのはこのキーンルックというデザインを基にデザインしているからです。

またC-HRはグレードによってはフルLEDとなりの、流行りのシーケンシャルウィンカー(横に流れるウィンカー)など、見た目も洗練されたものとなります。

マツダCX-3のデザインコンセプト

引用:http://www.mazda.co.jp/

「魂動デザイン」とコンセプトを掲げ、デザインされているのがマツダの車です。

マツダのデザインは「シンプル」を極めたデザインとなっております。

無駄なものを全て削ぎ落とし、本当に必要なものだけをデザインに入れ込む。トヨタとは対称的デザインですが、マツダは人馬一体で車が作られていますから、車も馬のように命があるべきだと考えているのです。

どちらに軍配が上がるのか

引用: https://www.youtube.com/

両車とも素晴らしい車なので、最終的な部分は「好み」ということになります。

まず車の走行的なことや燃費など、今まで述べてきたようにどちらも素晴らしい仕上がりとなっております。

またデザイン面で言えば、トヨタは多面を生かしたデザインなので、立体的にボディを演出してくれます。

変わってマツダのデザインはシンプルなデザインのため一つ一つのボディの面が大きいためボディの色がとても映えます。

日本のコンパクトSUV市場の中では両極端にある車と言えますが、お互いがお互いの存在を映えさせる存在同士とも言えます。

色相環では対角線上にある色を補色と言い、赤であれば緑が最も離れた色ですが、最も組み合わせの良い色なのです。

それぞれの色があり、近くて遠い距離にあるこの二台はお互いを高め合う、ライバル車ではないでしょうか。

【トヨタ・C-HR】を50万円も安く買う方法とは何か!?

トヨタのC-HRカッコいいですよね!?

2017年に国内SUVランキングで
最も売れた人気のコンパクトSUVは
伊達ではありません!!

SUVとクーペが融合したような
独創的なデザインも購買意欲をそそりますし、
走行安定性がいいのも魅力ですよね?

また何よりもC-HRハイブリッドは
SUVの中で群を抜いて燃費がいいところ。
最高ですね!!

休日に家族とちょっとドライブ
と言う時でもストレスが少なく
運転ができ、子供達も大喜びです!

でも・・・
みなさんこういった
コメントが数多くあります。

「C-HR欲しいけど高いな…」
「今使っている車とも長いし、
C-HRに乗り換えたいな…」
「ディーラーと値引き交渉疲れたな…」
「新車のC-HRを最安で欲しい…」
「ディーラーの売込みイヤだなぁ…」
「ローンが長くなるの避けたい…」

などなど、
C-HRの購入を
検討しているけど、
色々な悩みがあって購入に踏み切れない。
なんて事ありませんか?

このような悩みを持っている人は
とても多くいらっしゃるんです。

家族や友人に相談したところで、
よくわからないので
真剣には取り合ってもらえず

また聞いてもらったところで
その悩みが解決することはありません。

そんなあなた!
実はこんな裏ワザがあったんです!

自動車一括査定サイトを使おう

下取りでは必ず
自動車一括査定サイトを
使うようにしてください。

ディーラーでは20万円の下取りが
買取業者では70万円になることも
多くあるのです。

自動車一括査定サイトを使うことで、
大手自動車買取業者の最大10社が、

あなたの車の買取価格を、
競い合って吊り上げてくれます!

結果的に買取価格が
高くなるということですね。

ディーラーだけで下取りに
出してしまうなんて
モッタイナイですよ!




スポンサードリンク


ピックアップ記事

  1. コンパクトSUVの代表格として人気の高いトヨタ・C-HR。高い走破性と比類なき低燃費を両立さ…
  2. コンパクト系SUVとして人気のあるトヨタC-HRと日産ジューク。それぞれに大きな特徴を持ち、SUV系…
  3. 自動車は100万、200万と高い買い物です。頻度を高く買い換えるものでもないですし、消費税だ…
  4. コンパクトSUVの代表格として人気の高いトヨタ・C-HR。高い走破性と比類なき低燃費を両立さ…
  5. コンパクトSUVの代表格として人気の高いトヨタ・C-HR。高い走破性と比類なき低燃費を両立さ…

カテゴリー



スポンサードリンク

PAGE TOP