【トヨタ・C-HR】アクセサリーおすすめ!電源とソケットについて

自動車一括査定サイトを使おう

下取りでは必ず自動車一括査定サイトを
使うようにしてください。

ディーラーでは20万円の下取りが
買取業者では70万円になることも
多くあるのです。

自動車一括査定サイトを使うことで、
大手自動車買取業者の最大100社が、
あなたの車の買取価格を、
競い合って吊り上げてくれます!

コンパクトSUVの代表格として人気の高いトヨタC-HR

高い走破性と比類なき低燃費を両立させた非常に優秀なSUVです。

そんなC-HRですが、様々なアクセサリーが販売されているのをご存知ですか?

また、アクセサリー電源やソケットについてもご紹介します。





トヨタC-HRのアクセサリー電源はこれです!

トヨタC-HRのアクセサリー電源はこれです!
引用:https://toyota.jp/c-hr/interior/

市販の電飾アクセサリーやETCを自分で装着するときは、車から電源をひいてこなければなりません。

そんな時に「アクセサリー電源」というものを使います。

アクセサリー電源って何?

で、その「アクセサリー電源」、通称ACCとも呼ばれますが、そもそもこれは何なのでしょうか。

トヨタC-HRのアクセサリー電源はこれです!

これは車のエンジンキーの画像ですが、キーを差し込んで「START」に回せばエンジンが始動します。

その手前「ACC」という文字が「LOCK」と「ON」の間にありますね。

これがいわゆる「アクセサリー電源」です。

この「ACC」までキーを回してもエンジンはつきませんが、車の中にあるラジオのような小さな電気系統は動きます。

つまりアクセサリー電源とは「容量の少ない電気系統を動かす電源」のことです。

ちなみにエンジンがボタンスタートの場合、1回ボタンを押してアクセサリー電源をオンにすることができます。

尚、エンジンを切ればアクセサリー電源も切れます。

アクセサリー電源を取る

トヨタC-HRのアクセサリー電源はこれです!

先述のとおり、車に搭載するETCカードリーダーやイルミネーションは車から電源をもらわなければ動きません。

そこで、アクセサリー電源に接続して電気を流してもらう必要があります。

これが「アクセサリー電源を取る」という行為です。

つまり、アクセサリー電源を撮れる場所を探して配線を接続しないといけません。

難しく聞こえるかもしれませんが、難所さえクリアしてしまえばあとは簡単です。

難所とは「どこからアクセサリー電源を取るのか」です。

取れるところその① ヒューズボックス

トヨタC-HRのアクセサリー電源はこれです!
引用:https://www.diylabo.jp/qa/qa-12.html

電気を使ったアクセサリーに限らず、あらゆる電化製品は一定以上の大電流が流れると壊れます。

これを防ぐため、一定量以下でも多めの電流が流れた場合は電化製品内の「ヒューズ」という部品が勝手に壊れて回路を遮断します(この現象を「ヒューズが飛ぶ」「ヒューズが切れる」といいます)。

車内の電化製品にもヒューズは搭載されていて、それらの大半がタイトルにもある「ヒューズボックス」に収められています。

ヒューズボックスは車によって搭載位置がバラバラですが、多くは助手席周辺にあります。

C-HRの場合は「助手席下のカバーの中」です。

トヨタC-HRのアクセサリー電源はこれです!
引用:https://minkara.carview.co.jp/userid/610392/car/2337858/4140796/note.aspx

ヒューズボックスにはその名の通り車の電気機器に接続しているヒューズが集結しているわけですが、そのヒューズが実は抜き差しが可能になっています。

よくよく考えれば当然なのですが、ヒューズが飛んで交換できないとなると結局回路をつなぎなおさなければならないので、ヒューズは基本交換可能です。

このヒューズボックスの中から1つ選んで抜き、あらかじめ用意した、使用する電気機器の回路をつないだ別のヒューズを差し込みます。

ただここで注意があって「用意したヒューズと同じ形・アンペアのヒューズと交換すること」これを守ってください。

逆に言えば、C-HRのヒューズボックスにあったヒューズをしっかり用意しておけば問題ないということです。

ヒューズボックスに至る道は簡単に見つかる上に抜き差しは簡単に行えるので、初めての方でも安心して接続できます。

取れるところその② ナビ・オーディオ裏

トヨタC-HRのアクセサリー電源はこれです!
引用:https://www.diylabo.jp/basic/basic-17.html

通常カーナビやオーディオ裏には、「ハーネス」という配線の束が数本あります。

メーカー純正のカーナビ・オーディオはこの「ハーネス」の先端に「カプラー」と呼ばれる接続端子を取り付けることで、配線の交換や取り付けを容易に行えるようになっています。

なので、社外製のオーディオやカーナビをつける際は別途ハーネス・カプラーを用意する必要があります。

このハーネスに「アクセサリー電源用の配線」も入っていることが多いです。

多くの車種には「ACCESSORY」のように、配線に名前が書いてあるのですぐに見つかると思います。

もし書いていなかったとしても、社外製であれば「赤=アクセサリー電源」とだいたい決まっているので大丈夫。

この方法の場合は、交換用のヒューズではなく分岐用の配線コネクタ―が必要になります。

トヨタC-HRのアクセサリー電源はこれです!
引用:https://www.diylabo.jp/basic/basic-30.html

上記の透明なパーツです。

ナビ・オーディオ周辺のパーツを取り外して配線を引っ張り出すため、先ほどのヒューズボックスよりやや勇気と根性のいる作業になるとは思いますが、これも配線さえ見つけてしまえばコネクタをパチン!で終わってしまうので簡単です。





トヨタC-HRのアクセサリーソケットはこれ!

トヨタC-HRのアクセサリーソケットはこれ!

アクセサリーソケットって何?

少し前まで、車の中でタバコを吸うことが当たり前だったせいもあって、車の中に「シガーソケット」と呼ばれる、シガーライター用加熱器が搭載されていることが当たり前でした。

しかし現代になり、世界的な禁煙・分煙・嫌煙によって車内でタバコを吸うことが少なくなり、自然とシガーライターもなくなってゆきました。

シガーライターがなくなったことでシガーソケットもその役目を終え、現在シガーソケットは穴だけがその名残として残っている状態です。

車によってはその穴に電源を通すことでアクセサリー電源として使用できる車種もあります。

そして消えたシガーソケットに代わり、現在はUSBのソケットや家電製品も使えそうなコンセントが新たに取り付けられるようになりました。

これらを総称して「アクセサリーソケット」と呼びます。

C-HRのアクセアリーソケット

トヨタC-HRのアクセサリーソケットはこれ!
引用:https://toyota.jp/c-hr/interior/comfort/

当然C-HRにもアクセサリーソケットは搭載されています。

まず、全車種共通でDC12V/120Wのコンセントが搭載されています。

DC12Vですから、ドライヤーなど小容量の電化製品であれば使用できるくらいの電圧です。

その他にハイブリッド車用オプションとして、AC100V/1500Wのアクセサリーコンセントを装着することも可能です。

100Vと高電圧に加えて非常時給電システムを搭載しているので、災害時にC-HRから電源を供給することができます。

また、追加オプションでUSB端子を搭載することも可能です。

メインとしてはiPodを接続をして音楽を聴けるソケットなのですが、充電も可能になっています。





トヨタC-HRのアクセサリーオススメはこれだ!

トヨタC-HRのアクセサリーオススメはこれだ!引用:https://toyota.jp/c-hr/accessories/

最後に、C-HRにぜひ搭載したいおススメアクセサリーをご紹介しましょう。

車内の雰囲気を変えるものから快適性を向上させるものまで、様々なアクセサリーが目白押しです。

幸いC-HRは純正アクセサリーが豊富にそろっているので、今回は純正に絞ってご紹介したいと思います。

革調シートカバー(ホワイト)

トヨタC-HRのアクセサリーオススメはこれだ!
引用:https://toyota.jp/c-hr/accessories/interior/

合成皮革を使用したホワイト×レッドのシートカバーです。

C-HRにレーシーな雰囲気を合わせられます。

白は汚れやすいと思われがちですがそこは世界のTOYOTA、しっかり防汚加工をしてあります。

後席タブレットホルダー

トヨタC-HRのアクセサリーオススメはこれだ!
引用:https://toyota.jp/c-hr/accessories/interior/

長距離を車で移動中、運転手以外はどうしても退屈になってしまうもの。

携帯で動画を見ても画面が小さいし、タブレットは揺れが気になるし何より疲れます。

そんな時、助手席に取り付けた置きたいのがこのタブレットホルダーです。

タブレットを助手席の後ろに固定できるので、長時間持つ必要もなく快適に動画を視聴できます。

また、上下方向は無段階調節が可能なので、お好みの角度でタブレットを固定できます。

フロアマット(ラグジュアリータイプ)

トヨタC-HRのアクセサリーオススメはこれだ!引用:https://toyota.jp/c-hr/accessories/interior/

多面体をモチーフにしたおしゃれなフロアマットです。

ダイヤモンドをモチーフにしたC-HRにちなんで、メタルプレートもダイヤモンド調にカットされています。

デザインだけでなく機能性もしっかりしており、消臭・抗菌・抗ウイルス・抗アレル物質・防ダニ・防汚などの機能を備えた衛生的にもありがたいフロアマットです。

イルミネーションランプ

トヨタC-HRのアクセサリーオススメはこれだ!
引用:https://toyota.jp/c-hr/accessories/interior/

車内をラグジュアリーにするにあたってこれは外せないでしょう。

やはりイルミネーションは手っ取り早く車内を彩る手段です。

C-HRのイルミネーションはドアオープンと連動しており、ドアが開くとイルミネーション点灯、ドアクローズ時は少しずつ灯りが消えてゆきます。

以上、おススメアクセサリーをご紹介させていただきましたが、いかがでしたか?

これ以外にもたくさんのアクセサリーがありますから、ホームページをチェックしてみましょう。

また、社外製アクセサリーであればより自分にマッチしたアイテムを発見できるかもしれません。

アクセサリーにしろ大型パーツにしろ、車の改造は非常に奥が深いですね。

 

アイキャッチ画像引用:https://toyota.jp/c-hr/

【トヨタ・C-HR】を50万円も安く買う方法とは何か!?

トヨタのC-HRカッコいいですよね!?

2017年に国内SUVランキングで
最も売れた人気のコンパクトSUVは
伊達ではありません!!

SUVとクーペが融合したような
独創的なデザインも購買意欲をそそりますし、
走行安定性がいいのも魅力ですよね?

また何よりもC-HRハイブリッドは
SUVの中で群を抜いて燃費がいいところ。
最高ですね!!

休日に家族とちょっとドライブ
と言う時でもストレスが少なく
運転ができ、子供達も大喜びです!

でも・・・
みなさんこういった
コメントが数多くあります。

「C-HR欲しいけど高いな…」
「今使っている車とも長いし、
C-HRに乗り換えたいな…」
「ディーラーと値引き交渉疲れたな…」
「新車のC-HRを最安で欲しい…」
「ディーラーの売込みイヤだなぁ…」
「ローンが長くなるの避けたい…」

などなど、
C-HRの購入を
検討しているけど、
色々な悩みがあって購入に踏み切れない。
なんて事ありませんか?

このような悩みを持っている人は
とても多くいらっしゃるんです。

家族や友人に相談したところで、
よくわからないので
真剣には取り合ってもらえず

また聞いてもらったところで
その悩みが解決することはありません。

そんなあなた!
実はこんな裏ワザがあったんです!

自動車一括査定サイトを使おう

下取りでは必ず
自動車一括査定サイトを
使うようにしてください。

ディーラーでは20万円の下取りが
買取業者では70万円になることも
多くあるのです。

自動車一括査定サイトを使うことで、
大手自動車買取業者の最大100社が、
あなたの車の買取価格を、
競い合って吊り上げてくれます!

しかもこの一括査定は
あの楽天がやっているため
見積もりをすると楽天ポイントももらえます!

結果的に買取価格が
高くなるということなので、
ディーラーだけで下取りに
出してしまうなんて
モッタイナイですよ!




スポンサードリンク


 

トヨタC-HRの関連記事

【トヨタ・C-HR】オイル交換時期とオイル量はどう?粘度は何?

【トヨタ・C-HR】オプションやパーツ、ナビはどんなのがあるの?

【トヨタ・C-HR】アクセサリーおすすめ!電源とソケットについて

【トヨタ・C-HR】改造やカスタムする!エアロパーツは何がある?

【トヨタ・C-HR】後部座席や荷室の容量は?車中泊はできるの!?

【トヨタ・C-HR】タイヤサイズはどう?サイズアップや交換は?

ピックアップ記事

  1. コンパクト系SUVとして人気のあるトヨタC-HRと日産ジューク。それぞれに大きな特徴を持ち、SUV系…
  2. 高機能なハイブリッドを有し、活躍シーンを選ばないアクティブでスタイリッシュなフォルムを持つコンパクト…
  3. コンパクトSUVの代表格として人気の高いトヨタ・C-HR。高い走破性と比類なき低燃費を両立さ…
  4. 2017年と2018年上半期、国内SUV販売台数で第1位に輝いたのが「トヨタ・C-HR」です。ト…
  5. トヨタの超人気コンパクトSUV、C-HR。トヨタと言えばハイブリッド、で、ハイブリッドと言えば先…

カテゴリー



スポンサードリンク

PAGE TOP